2006年10月17日

お気に入りミュージシャンの情報をフィードで収集出来るツール

これからはお気に入りミュージシャンの情報はフィードで収集する時代なんですね。




earfeederlogo.jpg
Earfeederはユーザーのコンピュータから楽曲をスキャンしてRSSフィードを生成し、それを使ってユーザーが聴いている全ミュージシャンに関するニュース、コンサートチケット、iTunesの更新情報をお知らせしてくれるサービスだ。一度音楽の情報アップデートを購読すれば、もう忘れてしまっても平気。簡単かつ使って楽しいサービスだ。

同社のサイトではJavaのアプレットを使ってユーザーのハードドライブの楽曲をスキャンしている。フィードに加えたくないバンドはオフをチェックして弾くこともできるし、それか自分のコンピュータに5曲か10曲以上入っているバン ドだけセレクトしてフィードしたり。弱点はポッドキャストも楽曲と一緒に拾ってくれちゃうことだけども、これは5曲以上入っているアーティストだけフィルタリングにかけて残すことである程度は解決できる問題だろう。

本社はコロラド州ボルダーにある同社は、起業家のDavid CohenとBrad Searleが立ち上げた。2人の話ではRollingStone.comのような情報源からは既にニュースフィードをシンジケートする許可を得ているという。配信する各アイテムの最後にアフィリエイト広告も掲載。たぶんPitchfork Mediaなんか加えると、もっと良いサービスになるようだね。

EarfeederではIntel MacのFirefoxやSafariはスキャン対象外だが、それ以外の機能はばっちりのようだ。



これはとても便利ですね。
特にipodユーザーにはわざわざ新曲の更新情報を取りにいく手間が省けてかなり楽になるツールだと思う。

こうゆう「あったらいいな」と思う便利なツールがどんどん増える社会。

ドラえもんの世界ですね。

◇参考

techcrunch:http://www.techcrunch.com/2006/10/16/earfeeder-crafts-one-feed-for-all-your-favorite-musicians/

posted by tko at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25623123

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。