2006年12月20日

「Google携帯」登場?

google_phone.jpg

シュミットCEOみずから「携帯の通話料金は無料であるべき(もちろん広告ベースで)」と語るようにモバイル分野への注力姿勢を明確にしているGoogleですが、自社ブランドの「Google携帯」登場に向けた提携が噂になっています。

英Observer 紙が同社に近いソースからの情報として伝えるところによると、Googleは携帯キャリアOrangeとGoogleフォンの投入を前提とした話し合いを続けているとのこと。Orangeは欧州を中心に各国で展開する世界的携帯キャリア・ブロードバンドプロバイダ。

同紙によれば「Googleフォン」のハードウェアはHermes / hTc Z / X01HTでおなじみ台湾HTCが製造、ソフトウェアにはGoogle製アプリケーションが搭載され、携帯電話でのインターネット利用を「劇的に改善」するとされています。

HTC といえばWindows Mobileスマートフォンで圧倒的なシェアを誇る企業ですが、問題の「Googleフォン」がWindows Mobileベースになるのか(とすればWM向けGoogle純正アプリケーションが公開されるのか)といったあたりは不明。(ただ、HTCは Windows Mobile機しか作らないわけではないと公言しています)。

ソフトウェアについても詳細は不明ながら、すでに他社との提携でおこなわれている検索エンジンだけではなくGoogle Maps / Earth的なロケーションベースアプリ(と広告)は予想されるところです。

The Observerのソースによれば、登場時期は少なくとも2008年以降。この噂について問い合わせを受けたGoogle広報の答えはお決まりの「予測や噂にはコメントしません」。に続けて「ただし当社はモバイル分野へ注力しており、変わらぬ取り組みを続けています」。


この話が実現されたらソフトバンクの携帯事業参入時以上のインパクトがあるでしょうね。

携帯電話で無料で話せる時代はそう遠くないかもですね。
posted by tko at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29907647

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。