2006年10月30日

ソフトバンクモバイル 変更先人気シェア 急上昇。

先日新プランを発表したソフトバンクモバイル。

さて、「番号継続制度」に関して、ユーザーはどのような反応を
示したのでしょう。


おもしろい調査結果が出ましたのでエントリ。


「魅力感じた」54%

インターネット調査会社マクロミルが27日に発表したモバイルユーザー1300人を対象とした調査結果によると、携帯電話会社を変更したいと考えている利用者は5.4%と前回調査に比べ1.5ポイント減少した。

そこで注目したいのが、その変更意欲のあるユーザーは果たしてどのキャリア
に変えるのか、という点だ。

先日の「0円」プランの発表の影響かダントツでユーザーの心をつかんだのは
ソフトバンクの43.6%。

DOCOMOは前回調査より9.7ポイント下げて9.1%。
前回調査で最も人気の高かったauは21.3ポイント下げて30.9%。


ソフトバンクの新料金プランに関して「非常に魅力を感じた」「やや魅力を感じた」を合わせて54.6%と評価する声が多かった。



やはり、ユーザーからすれば携帯電話に一番求めているのは「価格」という事なんでしょうか。

もちろん「つながりやすさ」「デザイン」「機能」等付加価値は大事ではあるが、つながりやすさに関して言えば首都圏ユーザーからすれば多少他キャリアに比べつながりにくくても「0円」であればまぁ許せるかなといった所だろう。
デザイン、機能も多少の差はあれどよっぽど劣っていなければ全然許せる。

そういった結果が上の調査結果にも現れているのではないだろうか。


さて、07年3月期通期の売上げ高を下方修正したドコモはこの調査結果は気が気じゃないだろう。

ドコモの中村社長はソフトバンクバッシングをしているようだが「コスト削減等で長期的には料金は下げる」との方針を示したようだ。

でもこれで携帯電話料金が全体的に下がればユーザーには嬉しい限りだ。

まだまだ各キャリアの動きから目が離せませんんね。



◇参照
日経産業新聞(2006年10月30日)


posted by tko at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

スゴイ地図

リクルート、Flash を多用した地図メディア「スゴイ地図」をオープン


リクルートは13日、ゼンリンデータコムとの提携による地図メディア「スゴイ地図」をオープンした。同サイトは Flash 技術を活用することで、ガイドブックのようなインターフェイスを実現している。

スゴイ地図はホームページを持っていない店舗や各種スポット含め、日本全国約1,000万件のスポット情報を保有。クリックと地図上の場所指定だけで、スポット情報を検索・閲覧できる。さまざまなサイトに点在する口コミ情報を一括表示することも可能だ。

今後は自分のお気に入りの店だけを選んで「マイマップ」を作る機能や口コミや写真の投稿機能など、ユーザーからの情報発信&共有機能も搭載していく予定。



〓〓〓??н.jpg


リクルートがここ最近Web2.0的な動きをしようとしているらしいという話は
聞いていましたが、現状の「スゴイ地図」だとまだ1.4ぐらいな気がしますね。

Googleマップと比較されてしまいそうですがこれは別物という捉え方の方がいいかもしれません。

Googleマップは「XMLとJavaScript + API」というユーザーに対してオープンな技術を使っていますが、「スゴイ地図」はFlashなのでユーザーが自由に加工したりするのには少し不向きな気がしますしね。

でも「マイマップ」「口コミ」「写真の投稿機能」ってゆうワードだけ拾うとやっぱ目指すは2.0的なサイトなんでしょうね。

どこまでスゴイ地図になるのか期待します。


posted by tko at 22:02| Comment(1) | TrackBack(0) | その他時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

尊敬する人 ホリエモンが4位

起業意欲衰えず 「尊敬する人」堀江被告は4位 立教大調査


堀江ミ長.bmp



ライブドア事件でも学生の起業意欲は衰えず、前社長堀江貴文被告(33)は「尊敬する起業家」の第4位−。立教大学(東京都豊島区)が学生を対象に行った意識調査で11日、こんな結果が出た。

 アンケートは5月中旬、企業経営に関する講義がある同大の経営、経済、社会の各学部に在籍する学生789人を対象に実施した。

 就職数年後も含め、卒業後に起業を考えている学生は約4人に1人に当たる27%。ライブドア事件の起業意欲への影響については、「減退しない」と答えた学生が89%に上り、11%だった「減退した」との回答を大きく上回った。

 尊敬する起業家トップは松下電器産業創業者の松下幸之助氏で113票。2位はソフトバンクの孫正義社長で99票、3位はマイクロソフトのビル・ゲイツ会長で84票。堀江被告は56票を集め、5位のホンダ創業者、本田宗一郎氏(44票)を上回った。

 アンケートを実施した高岡美佳経営学部助教授(企業文化論)は「堀江被告の上位は意外だが、若く新しいタイプの経営者出現で、学生の人生観や職業観も多様化していると考えられる」とした上で、「教員もコンプライアンス(法令順守)やコーポレートガバナンス(企業統治)教育に力を入れなければ」と話している。


◇インターネット業界ニュース人気記事
http://syunnanews.seesaa.net/article/23349237.html
posted by tko at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

FIFA VS ハッカー

FIFA対ハッカー、W杯を巡るもう1つの戦い



待望のドイツワールドカップ開幕が近づいてくるにつれて、ハッカー達が同大会のネットワーク設備に攻撃を仕掛けてくるだろうとFIFAのネットワーク関連技術パートナーであるAvayaは予想している。

 Avayaでヨーロッパ、中東、アフリカ地区担当ビジネスデベロップメントマネージャーを務めるRoger Jones氏は、DoS攻撃が同大会ネットワークサービスに対して再び仕掛けられるだろうと予想する。これまで、2002年ワールドカップ、2003年女子ワールドカップ、そして、2006年ドイツワールドカップの前哨戦となる2003年コンフェデレーションズカップのネットワークサービスに対してDoS攻撃が仕掛けられたが、不成功に終わっている。

 ただし、Jones氏は米国時間6月8日、「現時点では(DoS攻撃の)兆候はない」と述べた。同氏は、善意のハッカーに依頼してネットワークの堅牢性を検証しているともジャーナリストらを前に語っている。

 ワールドカップを主催するFIFAのITソリューションズ部門でトップを務めるMike Kelly氏によると、技術パートナーであるAvayaとDeutsche Telekomからなるセキュリティチームは、一連のシナリオを想定して、ネットワークの回復力を検証する広範囲なテストを実施しているという。

 FIFAが保持する情報である、同大会で使用される身分証を発行するために集められた詳細な個人情報の価値の高さについて、Kelly氏は認めている。

 Kelly氏は短い会見に答え、FIFAとパートナー企業はあらゆる手段を講じて攻撃を防ぐ「絶対の自信がある」と述べた。

 Jones氏によると、ドイツのミュンヘンにある同大会IT指令センターには、ネットワークセキュリティ専門家が常時待機しているという。

posted by tko at 22:48| Comment(0) | TrackBack(1) | その他時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

村上ファンド事件

村上ファンド:村上前代表「この株主は売る」堀江氏に助言


証券取引法違反(インサイダー取引)容疑で逮捕された「村上ファンド」前代表の村上世彰(よしあき)容疑者(46)が04年11月8日、ライブドア(LD)前社長の堀江貴文被告(33)=証取法違反で起訴=らと会談した際、ニッポン放送の株主名簿を示し「この株主は売ってくれる」などと助言していたことが分かった。村上前代表は助言により、LDの同放送買収劇を演出し株価をつり上げたうえで、自社で保有する同社株を確実に高値で売り抜ける狙いがあったとみられる。

 東京地検特捜部の調べによると、村上前代表は04年9月15日、部下とともに堀江前社長やLD前財務担当取締役の宮内亮治被告(38)=同=と面談。ニッポン放送株の3分の1の取得を持ち掛け「自分が既に持つ株は17%。議決権行使で協力すればニッポン放送を手に入れられるし(当時子会社の)フジテレビも支配できる」と説明したことが分かっている。これらは、村上ファンドの保有する同放送株を高値で売り抜けるための「仕掛け」だったとされる。

その後、同年11月8日に堀江前社長らと再び会談。宮内前取締役が「やりましょう」と大量取得の意向を伝えていた。

新たに判明したのは、この席に村上前代表がニッポン放送の株主名簿を持参し、助言したこと。「この投資家(株主)とこの投資家(同)は売ってくれる」などと詳細に説明した上で「そうすればフジだって手に入る」と改めて述べ、同放送株の大量取得を確実に行うよう強く促していた。

村上前代表は逮捕直前の5日午前の記者会見で「宮内さんから(大量取得の意向を)聞いてしまった」と説明したが、特捜部は「過失犯のように言っているが全く事実と違う。当初から売り抜けによる利益確保を意図していた」との見方を強めている。


との事。


色々ボロが出始めていますね。。

村上氏は

「こうなったら自分の罪は認めるから、タイホするのは自分だけにしてくれ」って言っていた模様。

当初、特捜部としては、村上容疑者の他にも、村上ファン怒の丸木、滝沢、岡田の3人を同時に逮捕することにしてた。

が、三人が逮捕されてしまうと、ファンドがまわらなくなり、投資家に莫大なお金を返金しなければいけなくなり、村上氏の資産もゼロになる為上記のような発言をしていたとみられている。


この先どーなってしまうんですかね。

posted by tko at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。